コラム36 ~あけましておめでとうございます

コラム36 ~あけましておめでとうございます

投稿日時:2022年1月3日

 早速ですが、『正月』と言ったら、何でしょう?

「年賀状」、「初詣」、「帰省」、「寝正月」、「箱根駅伝」、「お正月(歌曲)」など、いろいろありそうですが、今だに歌われる「お正月」。

 ♪も~いくつ寝ると、お正月~♪
誰もが知ってる、童謡です。

 「凧あげ」、「独楽(こま)」など、今ではほとんど行われない遊びが歌われています。
 (ちなみに、2番では、「まり」、「おいばね(羽根つき)」です。)

 それもそのはず、この曲は明治34年(121年前)に、出された曲です。

 子供の頃、よく「♪お正月には餅食べて、腹を壊して(のどに詰まって)、死んじゃった~。早く来い来い霊柩車(救急車)」などと、替え歌を歌っていました。

 ちなみに、この替え歌は、全国で最も流行っている曲だそうです。
 (2位は、「ひなまつり」、3位は「サザエさん」だそうです。)

 私にとっては、子供の頃は、何といっても、「お年玉」でした。

 昔の人は、子だくさん、でした。
うちの父親は、8人兄弟でした。
それだけ、叔父さん叔母さんが多いので、正月は、「お年玉」を貰うのが、唯一の楽しみでした。

 お年玉は、自分で持っていると、なくしたり、直ぐ使ったりする、とのことで、母親に預けていました。
確か、銀行に、私の預金通帳を作っていました。
最後の残金を全て使って買ったおもちゃは、すぐ壊れて、泣きました。

 私は、「あぶく銭、身につかず」という、ことわざを学習しました。

 ということで、「銀行」の話。

『銀行・その1』
 社会人なって、初めて銀行口座を持った、ある男の話。
6月くらいに、恐そうな顔で、通帳を見ながらお母さんに
「毎月、『としこ』って人から、お金が振り込まれるんだけど、ちょー恐い」と言って、お母さんに通帳を見せました。
すると、お母さんは呆れた顔して、言いました。

「これは利子(りし)って読むんだよ』

『銀行・その2』
 銀行で窓口業務をしている親戚の話。
ある日、おばあちゃんが新規口座の開設にきたので、
「4桁の暗証番号を決めて下さい」
とお願いしたら、えらく悩んでいました。
「おばあちゃん、明日でもいいから、決まったら教えてね」
と言ってその日は帰ってもらいました。
 そして次の日、おばあちゃんが持ってきた申し込み用紙には、はっきりと書かれていました。

「ど・ん・ぐ・り」

本年もよろしくお願いいたします。